2005年12月18日

想定どおりです


このところ、『マゾヒズムに〜』をタイトルにしたブログが増えてきました。
賢明な選択です。

僕が、いつやめたってかまわないと思っている? んな訳ないじゃないですか!
いつやめてもかまわないと思っている者が、わざわざ金まで出して『gooブログアドバンス』を新規契約する筈がないでしょうよ。
しかも、2度も停止を喰らったgooブログの有料版を契約してるんですよ。
それだけ、goo & マゾヒズム の組み合わせが魅力あるということを察してください。

いやいや、ここをご覧になっている皆様は、『そんなに重要なことは書いてない』建前ブログを鵜呑みにするような盆暗ではない。こんなことは断る必要もありませんでした。
つーことで、本題に入りましょう。

多くの人たちを惹きつける魔法の言葉『マゾヒズム』。
これには、もうひとつ大きな効果があります。
それは、


    煙幕効果


まあ治外法権とまではいきませんが、ある程度は下界からは距離のあるネット空間を作れるということです。
そして、怖いもの見たさに集まってきた連中の中からこちらに都合のいい者だけが自動的に厳選されて、このネット空間に囲い込まれるわけなのですけど、かいつまんで仕組を説明しましょう。

昨今一応市民権を得たSMという言葉ですけど、今だって通常の神経の持ち主ならば引いてしまいますものねえ。
そうですよ。僕だって本当はキモくてたまらないのですけど、これも修行、ニンニンなのです。
企業人とて生身の人間、例外ではありません。ほら、仕事の関係上いやおうなしにウェブサイトを見なければならない人もいるでしょう?
臭い物に蓋、ということがあります。
IT企業や出版マスコミ関係の担当者だって、こんなチンケなものに拘わりあいを持ちたくないに決まってますよ。
顧客のためを装いながら実は会社のために仕事をする、会社のためを装いながら実は自分自身のために行動をする。これが能力のあるビジネスマンですものねえ。
ね? 気づかなかった振りをするのが上策…
煙幕…お分かりになりましたでしょう? 

さて、集まってきたカモたちを『半治外法権エリア』に囲い込めば、後は


    狩り放題

です。
えげつない手なんでもあり! 違反やろうが、バクリやろうが、正当な権利者は追いそれ踏み込んではこないのですから。

金持ち喧嘩せず、転載問題なんかでガタガタするのは真っ平ですわいな。
僕は争いごとを好みません。奇麗ごとを好みます。

posted by homer_2007 at 11:26| マゾヒズムに札束を! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。