2006年08月30日

むちの似合う女王様

さてさて、随分久しぶりの投稿となりました。
一円にもならないことはあまりしたくないものですっかりご無沙汰してました。
でもまあ、人間というのは気まぐれなもので時には意表をつくこともあります。
建前ブログのほうに、某芸能人をネタに「鞭の似合う女王様」なんてのを書いたせいで、僕もちょっとたまりました。
ここで、本音を吐き出します。

昨今、商業主義が「SM、SM」とはしゃぎたててくれるせいで、堅気の皆さんも「女王様」と称する女の顔写真等を見る機会もあろうかと。
一目にして瞭然ですね。彼女たち、80もありませんわ。
って、スリーサイズとかその類の数値ではないですよ。

IQ80もない

といっているんです。
昨年9月某ビデオ会社のイベントに参加したおり、こうした女性の幾人かと接触してまざまざ実感しました。
子供のころから「バカだ、バカだ」といい続けられた人間を女王様と奉ってごらんなさい。
判断能力が著しく劣る彼女たちのことです。
もう天にも昇る心地! 入れ墨でもなんでも入れて、エロビデオにも何でも出演しますわ。
まあ、僕らにとっては格好のカモということで、「
無知の似合う女王様」であることをひしひし実感するところです。

そんな新作との相乗効果を狙ってか、あのビデオ会社はとうとう映像配信販売まで始めたんですよ。
いいお値段なんですけど、それで商売になる世の中なんです。
それにしても、あそこの社長、儲けになるのはわかるんですけど…
いい年こいて何も今更、昔の、人前で排便しているところの画像まで流さなくてもいいと思うんですけどねえ。
一度やったらやめられない、「
無恥の似合う女王様」が経営するに相応しい業種といえるでしょう。

あっと、こんな話はキモいだけですよねえ? 
商売のためにやっている僕ですら気持ち悪くなってきました。
でもまあ、一事が万事このように、無知と無恥とが絡み合った複雑な現代社会…
もっと一般にもなじみのある別の話題で、賢く生き抜いていく知恵とはどのようなものかを探り続けることにしましょう。

mixiのことです。
こちらもとうとう9月に株式上場するそうで。
代表である笠原健治という人は、うまい商売を考え付いたと思いますよ。紹介会員制。
そして、勧誘した会員数の多寡でステータスが決まるという素地を作っておく。
これならば、いきおい会員も増えますわ。ネズミ講の手法ですね。
そうした巨大閉鎖空間は、商売にもってこいの囲い込みエリアであるとは、前にも話しました。
ねえ、「ミイラ発言」で広く知れ渡るところとなった、あの淫靡な閉鎖空間。
あの騒ぎでも、もっぱら発言会員が罰せられただけで、会社のほうはむしろ宣伝にすらなったくらいでしょう?
繰り返しているように、このようにして「
無知」を手駒にし使いこなすことが金儲の鉄則なのです。

でもね。株式公開はどんなものなんですかね?
公開するということは、生み育ててきた企業が自分のものでなくなるということなんですよ。
まあ、それが既定の路線であるというのが、所謂ITの通例なのですが、そこから得られる教訓です。
つまり、笠原なる人物はmixi信者を集め、自分のためにせっせこせっせこ働かせて築いたものを、上場により手放すことになった、それが当初から敷かれた路線であったということなのです。

で、公開後、彼はどうなります? 株式放出で得た金銭で一生涯寝て暮らす?
そうでは、ないですよねえ。間違いなくこれからも、あくせくすることになるでしょう、自分のものでなくなった株式会社ミクシィという上場会社で、今まで以上に「
無恥」に徹して。

資産総額なにがしとかいう画餅に目をとられてはなりません。
要は、生き金をどれだけもっているかということなのです。
「金は使ってナンボの世界」「座して半畳、寝て一畳」
この2つで結ぶことにしましょう。


posted by homer_2007 at 14:29| マゾヒズムに札束を! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。